FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境立国日本の宣言と平和外交

 はたちゃんが日ごろ考えている日本の平和外交は、日本が得意とする環境技術をもって貢献すべきであると考えています。

 日本国の優れた環境技術に重点的に予算を投入し、国内の経済活性化と内需拡大を進めると共に、環境技術を生かし、国際社会に貢献すべきだと思うのであります。

 そのためには、いまこそ、環境宣言立国日本!を世界に向けて宣言し、日本国の基本姿勢を国際社会に表明、環境政策を明確に開示し、情報を発信することである。

 さてその前に、今までの日本の歩みについて、功罪を含めて少し触れながら平和外交について、簡単に、はたちゃんの思いを述べてみたいと思うのです。

 明治維新から欧米の近代化に遅れをとった日本が、欧米に追いつき追い越せの富国強兵策を進め欧米列強と摩擦を起こしながらも、近代化に向けて耐えがたきを耐えたものである。

 戦後の平和は、戦争で失った260万人を超える尊い命と引き変えに得た貴重な民主主義と平和主義であります。それだけに、二度と戦争を起こすべきではなく、世界に例のない日本国憲法9条の戦争放棄は、永久に守って行かなければなりません。

 しかし、ただ単に平和を唱えていれば平和を守れるものではなく、平和を守るために、しっかりした国民を守る日本の防衛政策と世界の各地において、戦争や貧困で苦しむ国々に暖かい手を差し伸べ、当事国の再建に協力を惜しまない真摯な努力が国際社会から求められています。それが世界に例のない平和憲法を持ってる日本だからこそ出来る役割でもあります。

 戦争やテロ、内紛は、さまざまな原因があり、食料危機や水不足、貧富の格差など社会不満によるものや宗教イデオロギーの対立によるもの、人種差別、領土紛争、教育格差、政財界の腐敗による民衆の不満の爆発によるものなどである。

 さらに近年の地球温暖化など異常気象により干ばつや豪雨による水不足や食料不足、そして災害による生活環境の悪化など、保険医療問題も大きな不安要因なって行くことでありましょう。

 これらのことを日本は、それぞれの国の事情を綿密な現地調査および研究して、適格なる国際貢献の支援と日本外交をリンクさせ、安全保障政策を進め、国連や多国間と協調して、信頼ある国際協力が十分できる法整備確立するために、はたちゃんは与野党の垣根を超えて早急に法整備に対処すべきであると考えています。

 日本の優れた環境技術で世界に貢献し、基本政策を確立して、平和外交に徹する姿勢、それが日本の国際信頼を高め、とりもなおさず日本の安全保障にも繋がるものであります。

 そしてアメリカのオバマ大統領と環境で連帯し、良好な関係を維持し、対等平等な協力関係を基に、アジア太平洋諸国の一員として、立場を明確にして、アジアにおいて未だにわだかまりある靖国問題等、戦後処理を日本が自ら積極的に進め、アジアおいて、真のゆるぎない善隣友好関係を深めることで、平和国家を築くべきであると、はたちゃんは考えています。

theme : これからの日本
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

新党結成人

Author:新党結成人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
「はたちゃん」こと・・・ はたの辰雄の挑戦!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。