FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はたちゃんはWTO決裂に思う。WTOの基本理念を変える時!

 ジュネーブで開かれていた世界貿易機関(WTO)の農業交渉が決裂した。
 これは特に米国と新興国、インドや中国の間で、緊急輸入制限措置問題で対立して合意にいたらなかったからである。

 WTOのミラー事務局長は調停案を提示しました。日本の8%の案に対して、半分の原則4%で、後は、条件付で2%を上積で調整する案です。つまり、2%を利用した場合、その代償として低関税輸入枠を国内消費量の0.5%を追加拡大を義務付けると言う、いらないお土産つきである。

 食料の国内保護の数の絞込み制限と輸入枠拡大は、生産農家に更に厳しい内容であります。
 はたちゃんは、もともと、福島県の小さい農家の三男として生まれ、農業の厳しさは今でも忘れていません。

 はたちゃんも米国のカリフォルニア州とオーストラリアの農場をレンタカーを借りて、無謀にも、あの広大な耕作地を自分で運転して視察して周り、規模の違いに声の出ない程でした。日本の農業は国土が狭く、一戸当りの工作面積は、欧米の広い耕作面積とは比べものにならないほどである。あの国と真正面に価格で競争することは到底無理な話である。

 そこで、はたちゃんは、8年前から、日本農業は品質にこだわり、高付加価値農業に転換すべしと提言してまいりました。自動車王国の米国にトヨタ自動車が勝ったように、トヨタの改善(カイゼン)が
日本農業に最も大切だと、歴代総理大臣に手紙を書いてきました。農薬を減らし、植物有機資材を使った、食味の良い安心安全な高品質が海外で評判を呼びました。小泉総理大臣は輸出できる戦略的農業を初めて取り入れて、海外に輸出が始まりました。日本のお米やリンゴなどの輸出ができたのです。日本の良い食品は、ブランドとして、世界に通用することを忘れてはならない。

 さて、話をもどして、2000年頃と、いまの食量事情はまったく違います。原油価格の高騰から、食料から油を取るバイオエタノール開発で、食量不足に火がつき、そこに投機マネーが目をつけ、食量危機と言われるまでに高騰しました。一般の消費者も日に日に上がる物価高に大変苦労しています。

 今回のWTOでも、153ヵ国中、発展途上国の100ヵ国が食量危機に備えて、自国の食量自給率を維持することに動いたのです。

 このことを考えたときに、いままでの枠の交渉より、世界の食量不足と言う新たな視点で、WTOの食量問題をとらえて問題提起すべきであります。

 一番大事なのは、世界の農業生産者が生計が成り立ち、生産意欲をそがない、生産可能な販売価格で販売が出きる仕組みを作るべきであります。そして、貧しい食料不足の国民も、食料が手に入るよう十分な生産を確保することである。

 その英知こそ、人類の融和を招き、世界平和となる貿易を確立することになります。
 日本は基本理念を掲げ、WTO加盟国に、今から各国に働きかけるべき時である。と、はたちゃんは
政府に提案します。

 大変お待たせいたしました。はたちゃんの公式サイト、ホームページ、アップしました。
 アドレスは、www.hatano-tatsuo.jpです。アクセスを宜しくお願いします。
 
 

スポンサーサイト

2050年 地球温暖化防止に、はたちゃんが始動!

 事業者と消費者を結ぶ、地域エコ推進フォーラムの開催を提唱したら、大反響を頂きました。

 本年7月12日のはたちゃんBLOGに地域事業者と消費者を結ぶ地域エコ推進フォーラムの開催をと、はたちゃんの提唱に、全国から、とってもいい反響を頂きました。

 私のところでも、出来たら、地域エコ推進フォーラムやりたいけど、どのように進めたらいいのでしょうか?との質問がありました。はたちゃんは、大変感動です。ありがとう御座います。
確かに、提唱だけでは、分からないと思います。

 そこで、提案者のはたちゃんとしては、どのように進めたら、いいのか、考えてみました。
まずは、はたちゃんが、基本的な具体案をつくって発表しようと思い、只今原稿を作成中です。出来上がりましたら、それを誰でも見られ、参考にして頂くように、はたちゃんのホームページを立ち上げることが一番いいと考えました。

 8月25日前後をめどに、はたちゃんはホームページを立ち上げます。それを、参考にして頂ければと思います。(はたちゃんこと、はたの辰雄の公式サイト、ホームページwww.hatano-tatsuo.jpをご覧ください。)

 全国各地において、それぞれの地域に合った地域エコ推進フォーラム協議会が結成され、一番,もとになる地域社会から、企業と消費者が環境と健康に良い地域活動を展開すること。同時に、企業の認識の更なる向上から、消費者のニーズにより、新たな創意工夫が生まれ、エコ商品開発と共に経済効果も生まれ、地方の活力あるいきいきとした、ロハスな地域社会が誕生することが、はたちゃんの希望です。

 このことを地道に実践する、皆さんの尊い努力により、温室効果ガス削減2050年の半減前倒しの実現達成の暁には、世界の模範となれるだけでなく、かけがいのない、私たち地球を皆の力で、守ることが出来るのです。

 かけがいのない地球、そして未来の私たちの子供たちや孫たちのためにも、皆で、力を合わせて地球環境を守るために、いい汗をかいて、頑張ろうではありませんか。

 人生、生まれて、いい仕事が出来たら、最高に幸せだもんね、はたちゃんも、幸せのために全力で頑張りますよ。
 皆さん、よろしく、応援してくださいね。

 大変お待たせいたしました。はたちゃんの公式サイト、ホームページ、アップしました。
 アドレスは、www.hatano-tatsuo.jpです。アクセスを宜しくお願いします。

新党結成こそ、国民政治を救う。

 いまの、国会は、自民党と、民主党間の対立ばかりで、国民のためになっていない。衆参ねじれ国会で、国民のための、政策決定が困難になっている。つまり、国会で最も議論を深めて、国民に判断材料を提供すべきだが、党首討論も少なく、それを避けている感さえ見受けられる。立場を超えて、議論する度量がない。国民に取っていいものは、いいと言うことが一番大事じゃないですか、国民の生活かかわる基本的な老人の医療費や年金問題など、政争の具にすべきではなく、時には政党の党利党略を超えて、自民党も特に民主党は協調を示すべきであろう。小さく凝り固まっていすぎる。

 それぞれの自民党の派閥間にも、政策の協調性に温度差があり、民主党においては、自民党から分かれた小沢代表グループと旧社会党グループ、旧民社党グループなどは、憲法問題や防衛問題など国内、国際協力問題など、水と油ほどの違いが感じられる。

 このような政党では政策決定に時間を浪費し、政策決定さえ、おぼつかないことになり、世界から真に信頼され、尊敬される国家を作ることは、到底無理があるでしょう。又、官公労をバックに選挙を戦う民主党には、独立行政法人や特殊法人の民営化などの官公労に痛みを伴う行政改革を実行して、国民に福祉予算を回す改革には無理がありましょう。出来たとしても一部幹部の天下りと道路特定財源の一般財源化の内、1.4兆円前後止まりで、お茶を濁す位でしかないでしょう。

 それなどは、政権を取っても、ばら撒き福祉の一時の人気とりで消えてしまう。その分地方に道路予算が行かなくなれば、都道府県知事が心配するように、建設業者の倒産など地方経済の減速などに影響すれば、地方の失業の問題、その関連中小企業の倒産は増大することも予想されるのであります。いまでも、苦しい中小建設業界の経営は、想像を絶する程、厳しいことを知らねばならない。

 このことは、地方の景気後退を招き、更なる財政危機に陥り、強いては、消費税の上げや増税、赤字国債の発行など未来の子供たちに借金を残し、苦労をかけることになりかねません。へたをすると、次回の総選挙で、民主党が政権を取ることになれば、国民の生活は、今以上に、大変な危機の始まりになると考えられます。従いまして、私たち国民は、いままでにない、厳しい目で、政治家の応援を見直し、選挙に臨むことが大事なのであります。

 それでは、戦後最大の政治危機を救うには、いったいどうすればいいのだろうか、

 前回の総選挙で、私たち国民が代表に選んだにもかかわらず、社会保険庁のでたらめ行政に見られるように、国民の代わりに政治家が(役所)監督をすべきなのに、その責任怠って来た自民党や民主党の既成政党に取らせるべきであります。それは、高級官僚と自民党の癒着であり、また、自治労をはじめ全国の一般官公労の支援をもらって、その、監督が出来なかった民主党も同一であり、言い訳が出来ないものである。つまり、国民の責任ではなく、監督を怠った今までの現職の政治家の責任である。

 その洗礼は、次の総選挙において、既成政党を減らし、自民党や民主党に総議席数480の内、過半数の240議席を、絶対に与えないことです。自民党も民主党も過半数に満たなければ、必ず政界再編成が起こり、ガラガラポンで、考え方の近い新党が団結して、新しい政党が誕生することになります。

 それを実現させるには、今回、国民生活者の目線で、国民のために政治をする、何党にも属さない無所属からでる人を、全国どこにおいても、今回一般国民一人一人が団結し、徹底的に応援し、国会に送ることです。その国民の改革の風を、永田町に、吹き込むのです。

 これにより、既成政党も官僚政治や党利党略から、目を覚まし、反省し、国民に目を向けた政治に改まるこになり、真の国民のための政治が戻ってくるでありましょう。

 こういう、環境をつくる声掛け一声運動を、国民一人一人起こすことが、最も大事なことなのです。それが、主権在民、私たち国民に与えらた尊い権利の行使であります。

 賢い国民の選択は、1.自民、民主党の議席を過半数割れ以下にする。2.無所属を応援する運動を展開して、無所属を応援しよう、のあなたの一声運動で、来る解散総選挙には、議席を増やし、国民のための、政界再編成の議席を確保する事が、最も大事な私たち国民の仕事であります。

 はたちゃんの創造力は、いままでの政治予測においても、最も高い確率で当たることで定評があることが自慢でもあるよ。

 はたちゃんこそ、無所属で、出馬したら、の暖かい応援メールを頂いちゃいました~。
 まだ、いまは、考えていませんよ~と答えておきます。

 ありがとう御座います。
 
 大変お待たせいたしました。はたちゃんの公式サイト、ホームページ、アップしました。
 アドレスは、www.hatano-tatsuo.jpです。アクセスを宜しくお願いします。

子供たちの健康のために、減農薬、無農薬野菜の栽培を推進しよう。

 農家の方々に、はたちゃんは、本当に頭が下る思いですよ。作物は、その時々の天候にその収穫が左右され、時には、収穫寸前で病害虫にやられたり、うまく収穫出来たとしても、市場の値段が安すすぎて、市場に出すより、処分した方が良い場合さえ発生します。せっかく丹精をこめて、栽培したことを考えたとき、はたちゃんは、胸が痛む思いですよ、食量の自給率の向上と共に、生産農家の経営の安定化対策は、はたちゃんはとっても重要だと考えています。

 もうひとつ、農業について、提案したいと考えます。
 日本の農薬消費量は世界全体で何番目とお考えでしょうか?はたちゃんが10人に聞きましたところ、一番多い答えに、15番目か、20番位かな~が多く、7名からの答えがありましたよ。

 ところが、こんな狭い国土で、39%の食量自給率の日本で、なんと世界一の農薬を使って農産物を生産しているんだよ、ビックリでしょう。あの、広~い農業大国アメリカよりも、農薬使用量が多いなんて考えられないよね。つまりある意味では怖い話である。、国産は安全と思いたいところだが、世界一農薬づけの野菜や果物を食べていることになる。ここでは、数字は書きませんが、数字はアマゾンで検索して、お友達にメールして教えてね。これでは健康にいいわけないよね、といわれるのも頷けますね。



 これ等は特に戦後から60年の間に、肥大化した化学メーカーと全国に組織をもつ全国農業協同組合から、生産農家に農薬が流れる仕組みが完璧に出来上がっていて、他のいい資材があっても、なかなか参入は難しい独壇場になっているんだよね。もう少し、国は、音頭をとって、減農薬、無農薬、有機栽培に力を入れて行かないと大変なことになるんじゃないかね、化学農薬や化学肥料を減らすことは、国際社会に約束したCO2の削減になるし、未来の子供たちのためにも食の安全、安心に必要な植物有機資材の使用に切り替える政策をどうしても、政治の場で、やらなければと考えていますよ。



 そのことが、取りも直さず健康と環境に優しいだけでなく、食味も良く、栄養価の高い健康野菜により、農業生産品の付加価値もあがり、10アール当たりの生産価格の向上と、豊かな農家の農業所得につながります。農水省の古い農薬一辺倒を改革して、減農薬、無農薬、有機農業(オーガニック)栽培にシフトし、環境に優しい減農薬、無農薬、有機栽培促進し、安心、安全な農業生産ために、植物有機資材を使った低農薬栽培に移行すべきときが来たのです。

 そして、農産物も品質、食味で競う市場を立ち上げて、健康に良い食材文化を確立すべきでありましょう。

 ちなみに、50年前と今のホウレンソウの栄養価は1956年比で、ビタミンA6/1、ビタミンC3/1鉄、カルシュムも2/1弱に。

 ニンジンは、ビタミンA5/1、ビタミンCは2/1以下で、カルシュムは2/1以下の栄養低下現象である。これだけ現在の野菜は栄養価が低下しているのである。日本食品標準成分表1956年より、2006年比較による。これは、化学農薬、化学肥料栽培と有機栽培の違いと指摘されている。まさに、驚きである。
 
 大変お待たせいたしました。はたちゃんの公式サイト、ホームページ、アップしました。
 アドレスは、www.hatano-tatsuo.jpです。アクセスを宜しくお願いします。

地球温暖化は、地産地消から始めよ。

 地域事業者と消費者を結ぶ、地域エコ製品推進フォーラムの開催を。

 北海道洞爺湖サミットで、最大の焦点の地球温暖化問題では、2050年までに、温室効果ガスを少なくても半減させる長期目標について、重要性を認識する。を福田議長のもとで、合意にこぎつけたものである。これは新興国やアメリカの消極的な中で良くやったと褒めるべきだと思うのである。

 しかし、反面この約束は、わが国においても今までのような、あんのんと、構えていたのでは、サミット議長国の信用に著しく傷がつくことになりかねません。世界の目はイヤが応でも日本の取り組みに厳しく注がれることになるからであります。

 そこで、はたちゃんは、はた、と考えました。まず、生活圏に根ざした、地域から始めようと、それが物流の運送による削減も出来るし一番CO2削減にいいことだと。

 はたちゃんは、提唱します。
 地域の商工会議所や各種団体、農業者、消費者が一堂に会して、エコ製品促進フォーラム協議会設立準備会をはじめようではありませんか。
 そして、地域に根ざしたところから、2050年の半減を前倒しを実現して、世界の模範となろうではありませんか、そして、その環境技術で、世界に向けて環境ビジネスを武器に、平和外交を実現しようではありませんか。
 はたちゃんに、声を掛かけてくれれば、時間を割いて、応援に駆けつけますよ。

 変お待たせいたしました。はたちゃんの公式サイト、ホームページ、アップしました。
 アドレスは、www.hatano-tatsuo.jpです。アクセスを宜しくお願いします。大
 

theme : 環境・資源・エネルギー
genre : 政治・経済

国民に政治を取り戻せ。

 先日は、自民党、民主党の既成政党の国民世論調査でもわずか数パーセントしか、変化がみられないことから、国民の政治不信が根底にあることを、私は指摘しました。それは、とりもなをさず、国民の願いを反映していない証左であろうと言っても過言ではありません。
 
 では、どうすれば、国民による、国民のための、国民の政治が確立出来るのか、はたちゃんは考えて見ました。

 一つは、政治家を選ぶ視点を変えるべきだと思うことに気がつきましたよ。いままで、私たちは、高学歴、有名大学、官僚出身を選んできた嫌いがあるんじゃなかったですか、その人たちがあまりにも多く当選させ過ぎた結果、国民と離れた特殊な霞が関族議員、自分は偉いと錯覚した議員先生が出来あがって、国民を忘れた官僚政治の悪慣例を許した結果でありましよう。

 二つ目は、二代目世襲政治家が実に多いことに気づかされますよ。お父さん政治家の後を、息子が継ぐ、こんな、世襲政治家があまりにも多いだよね、父親が政治家でその息子が必ず政治家に向いてるとは限らないことは、よく言われているよね。息子に継がせたいほど、それだけ、政治は美味しいの、なんて私に聞いた人がいましたよ、これは、国民の政治を私物化していると言われても仕方がないんじゃないかね、だから、世襲二代目政治家は、抜きん出て活躍している政治家は、少ないことが良く分かりますよ。たまたま、中には、福田総理や渡辺大臣はいい方に入るが、それはまれで、ほとんどは、おぼっちゃま陣笠議員が多く、パンチの効いた活躍がないのが現状である。だから、これからの応援は、官僚出身か、世襲二代目か、調べてみるのも大事な選択基準になるね。

 やりたい放題の官僚の天下り、年金ごまかし、無駄づかい、官僚が個人タクシー運転手から、酒の振る舞いや金品を受け取る居酒屋タクシーまで、やりたい放題のありさまじゃ額に汗して税金を納めている国民は、たまったものじゃありませんよ、官僚、公務員は、国民の奉仕者なのに。最近は世の中逆になっちゃいました、国民は、官僚公務員の奉仕者なの?まったく、これではいただけませんね。

 それじゃ、国民の政治をとりもどすには?
 民主主義の基本に立ち返ることです。真の民主主義は、国民による、国民のための、国民の政治を作れば良いのです。

 まず、一つ目に掲げた官僚出身の官僚政治家を減らすことでしょう、国民の政治は、だれでも、高い理想と情熱と努力があれば、国会議員になれる、そんな風土を皆んなで作り上げることである。有名なフランスの哲学者にシモーヌ、ヴェィユ(1909~43年)という学者は、すばらしい言葉を残している。
「どのような人間でも、たとえその生来の能力がほとんど無にひとしくっても、真理を願い求め、真理に到達するために、注意と努力を怠らないならば、天才にのみ約束されているあの王国に入ることができる、と説いているのである。真摯な気持ちで、努力を怠らなければ、その目的は達成できるということである。

 だから、初めから、僕には出来ない、私には無理だと言うことではないのである。シモーヌの言葉は、希望のもてる、なんと素晴らしいことばでありましょう。
 そこで、近い将来、日本の企業の95%の中小企業経営者の中から国会議員を沢山出せばいい、また、農漁業者からも国会議員が出でほしい、会社のサラリーマンからも、OLからも、大工さん、派遣社員からも、そして飲食店経営者からも出られるようでなければ、国民による、国民のための、国民の平等な真の民主政治は作れないのである。

 次に、世襲政治による相続政治は、国民政治の私物化であります。民主主義の基本ルールに会わないものである。国民による、国民のための、国民の政治は、日本国憲法の基本原則にのっとり基本的人権尊重主義からみても国民各階各層から国会議員が出て、問題を持ち寄り公平に解決することが出来るのである。今までの世襲政治、官僚政治の特権階級の政治を、真の国民の手に取り戻す運動を始めなければなりません。それは、国民にとって、喜ばしいことであり、真の民主政治の始まりでもある。

 はたちゃんのブログに拍手を頂いて、はたちゃんは、感激いっぱいです。ありがとう御座います。
 多少、誤字脱字があろうと思いますが、仕事終わって急いで書き込みしています関係から、お許しください。

 大変お待たせいたしました。はたちゃんの公式サイト、ホームページ、アップしました。
 アドレスは、www.hatano-tatsuo.jpです。アクセスを宜しくお願いします。
 


 
 
 
 

theme : 政治・時事問題
genre : 政治・経済

戦後最大の政治危機に。

 今の第一院の衆議院では、自民党304議席と公明党31議席、計335議席を確保して、自公連立政権を組んで、政権を担当しています。

 しかし、癒着が生んだ官僚腐敗政治と肥大化した官公労により、血税が使われて、いくら税金を払っても赤字の歳出構造は、一向に改まりを見せていない。
 この赤字構造が原因で、近年の福祉の切捨てや年金問題、高齢者医療問題に、しわ寄せになってきているのである。

 更に、年金記録の不明や公務員の不正が発覚して、年金生活者に多大な心配と迷惑をかけ、年金の信頼性が失われました。また、75歳からの後期高齢者医療制度の3割負担に高齢者から、強く反発があり、修正も余儀なくされています。この結果、国民の世論調査では、福田内閣の支持率は低迷を続け、20%前後と最悪の状態と言われています。

 一方、民主党は、先の参議院選挙で、国民の反発を取り込み、大勝し、自民党84議席と公明党21議席を足しても、105議席で、それに対して民主党は110議席を確保しました。

 戦後のわが国の国会において、衆参ねじれ国会が初めて出来ました。

 しかし、ねじれ国会は、議論尽くして、より良い政策を望んでいた国民の期待に反して、衆、参共に党利党略に重心がおかれ、国民の基本的問題の年金問題や高齢者医療、日銀総裁の同意案件等も政争の具にされ、また、国際協力問題のテロ特殊法の混乱、そして国民の身近な法案の未成立が多く見られる結果を招いています。

 国民は、議論尽くして、日本国民のために、知恵を出し合って、協調、協力出来ないのか、と多くの国民は、既成政党にあきあきしている現状も頷けるのである。だから、官僚になめられ、馬鹿にされ官僚がやりたい放題な問題が起きているのである。

 民主党は、次期の衆議院選挙を一日も早く実施して、政権を奪還したいのは、いまの国民の不満が追い風と考えているのは、いささか、国民の意に反するものである。

 国民は、民主党にも任せられない不安を持っていることに根本的に気がつくべきであろう。それは、世論調査に現れているように、自民党の支持率低下が民主党の支持率向上に直結してないことが明らかである。これは、国民から見ると、真実が見いてこない、国民不在の党利党略の駆け引きに振り回されることを知っているからに他ならないのである。民主党が天下を取ったら行政改革が出来るのか、官僚政治の改革ができるのか、増税に走らないで、福祉や医療、国民経済、所得の向上を図れるのか、財政再建は図れるのか、その財源はどこから持ってくるのか。 

 これは、なかなか、難しい問題なのである。これは民主党では不可能なのは容易に予測できるのは私だけではないのである。

 それは、民主党が政権党としての未熟さを言っているのではなく、民主党の体質そのものに起因している構造的問題を内蔵しているのである。

 行政改革は、大阪府の赤字団体転落改革の再建問題で、橋本知事の10%賃金カット協力依頼の行政改革は官公労の厳しい反対にあい頓挫すんぜんであります。府民生活より、官公労の自らの権益にこだわる姿勢でも、明らかのように、その抵抗ぶりは、なりふりかまわない体質をさらけだしている。

 このことからも、見てとれますように、民主党は、その全国の官公労の応援と支援を全面的に受けて、選挙戦を展開する民主党に官公労に負担を強いる賃金カットや行政の民営化など厳しい行政改革など出来ないことは、多くの国民は承知しているからであります。

 賢明な国民は、民主党の行政改革、行政合理化は、国民を欺く選挙戦術に他ならないと見ぬいているのある。

次回は、国民に政治を取り戻せ。をテーマに、はたちゃんと一緒に考えてみましょう。
 
 大変お待たせいたしました。はたちゃんの公式サイト、ホームページ、アップしました。
 アドレスは、www.hatano-tatsuo.jpです。アクセスを宜しくお願いします。
 

theme : 政治・時事問題
genre : 政治・経済

プロフィール

新党結成人

Author:新党結成人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
「はたちゃん」こと・・・ はたの辰雄の挑戦!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。